この記事の所要時間: 334

キッチンリフォームの床材の選び

キッチンは毎日使用する場所でもありますので、使いやすさを重視しなければなりません。
特にキッチンという場所は、水や油の使用、傷が付きやすいという事もあって、耐久性も重視する必要があります。
清掃がしやすい素材というのを選択するというのも、キッチンの使いやすさを向上させるためには重要な項目と言えます。

一般的には他の部屋ではフローリングを使用する事が多いのですが、キッチンは一体どんな床材を選択したら良いのでしょうか。
今回は、キッチンリフォームの床材選びについて記載していきます。

キッチンには何の床材が良い?

キッチンに使用する床材というのは、場所によって大きく左右されます。
キッチンにも様々な種類があり、独立している、リビングなどと一体した空間になっていると言ったケースが考えられます。

キッチンが独立している場合には、何も気にする事なく単に機能が良い床材を選択すれば問題ありません。
水・油の事を考えて汚れにくく防水性があるもの、立って作業をする事を考えてクッション性のあるものなどを選択すると良いでしょう。
床材によっても価格は大きく変わってきます。
予算の都合もあると思いますので、リフォーム業者の担当者に要望を伝えて最適な床材を提案してもらう事をオススメします。
その際には、過去の実例などを用いて説明をしてもらうと分かりやすいと思います。

リビング・ダイニングなどと一体化している場合には、統一感を出す必要があります。
ダイニングやリビングでフローリングを使用する事が多いため、キッチンもフローリングにしている家庭も多いと言えます。
デザインを考える事で、違った床材になったとしても一体感を保たせる事が出来ます。
そのあたりは依頼するリフォーム業者の腕にかかっていると言っても過言ではありません。

キッチンに使用する床材の種類

木質フローリング

リビングやダイニングが一体化している場合に、一番多く採用されている床材となっています。
やはり一体感を出すという意味でも、同じ床材にする事は多いようです。
フローリングは人気の製品という事もあって、メーカーからも様々な商品が開発されています。

デザイン性はもちろん、防水性に優れたもの、耐傷性などに優れたものなど様々です。
商品の取扱いについては業者によっても異なるため、色々な業者の話を聞いてみる事をオススメします。

クッションフロア

クッションというだけあって、身体にかかる負担が少ないという特徴があります。
また、防水性、防汚性にも優れています。
価格もそこまで高くはないため、多くの家庭で利用されている素材となっています。

タイル

デザイナーズ住宅・マンションで使用されている事があります。
デザイン性に優れており、様々なバリエーションがありますので、自分の家に合ったものを選択する事が出来ます。
足が冷たい、滑りやすいという事もあって、小さな子供などがいる場合にはやめておいた方が良いでしょう。
ただし、滑りにくい・床暖房に対応しているタイルもありますので、気になる方はリフォームを依頼する業者に確認をしておくようにしてください。

コルク

断熱性、吸音性、弾力性がある床材です。
2階にキッチンがあるという場合の音漏れ防止、身体への影響の軽減などがメリットとして挙げられます。
コルクの中でも様々な商品があるため、こちらも色々な商品を見ておくようにsいましょう。

まとめ

前述でも記載はしましたが、自分の家に合った床材を選ぶという事が一番良い選択となります。
ただし、水や油を多く使用する場所、火を使う場所など、他の部屋よりも機能性に優れた商品でなければなりません。
ショールームに訪問をして、実際に自分の目で見るという事も重要な事となります。

リフォーム業界では後々の仕上がりによるトラブルが多いというため、綿密な打ち合わせも必要です。
知識・経験なスタッフに任せるのが近道ですが、担当者の質というのは業者によっても違ってきます。
色々な業者の話を聞いて、自分の家に合ったリフォームプランの提案をしてもらえる業者に依頼したい所ですね。

【見積もり相場は今いくら?無料&匿名でスグ分かる!】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、セカイエが運営する「リノコ」です。

リノコの画像

チェックマーク【リノコのオススメポイント】
  • 厳格な審査を通過した優良業者が300社以上登録
  • 約10秒でリフォームの見積もり相場をチェック可能
  • 完全無料&匿名利用が出来る
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も豊富で顧客満足度が高い
【リノコの概要】
リノコでは、約10秒の入力を行うだけでリフォームの見積もり相場をチェックする事が出来ます。
完全無料で匿名利用が出来るため、しつこい営業電話の心配もありません。
また、厳格な審査を行い登録された業者(審査通過率9.8%)の紹介やリフォーム専門スタッフによる相談も無料なのでオススメです。
適正価格を知る事が出来るのと、手間を掛ける事なく複数の業者と比較をする事が出来るので試しておいて損はありません。