この記事の所要時間: 220

リフォーム業者からの提出書類

リフォームを進める前には、リフォーム内容の打ち合わせ以外にも様々なやりとりがあります。
そのやり取りが完了すると契約になるわけですが、リフォーム業者と契約を行う前の判断材料として、リフォーム業者からの提出書類が重要となります。

リフォーム業者からの提出書類とは?

契約の前に業者からの提出書類は複数になります。
下記項目を参考にしてください。

見積書

リフォーム業者が依頼した工事費用を記載した書類です。
見積書は金額以外にも、工事内容も記載されている非常に重要な書類となっています。

もし見積書に金額が記されていなかったり、工事の詳細が書かれておらず、「一式」という曖昧な言葉で書かれている場合はトラブルになる可能性も高いので、注意が必要です。

もしも分からない項目があれば、しっかりと担当者に聞いておくようにしましょう。

契約書

リフォームについての規約が記載されています。
業者にリフォームをお願いする際には、必ず契約書にサインをする事になります。

リフォームの規模によって契約書の書式は変わります。
100万円以上の大規模なリフォームの場合は工事請負契約書、100万円以下の場合は注文書などと呼ぶ事もあります。

依頼者とリフォーム業者との間に法的な約束事が決められ、契約書に違反した場合には、損害賠償が発生する可能性も考えられます。
万が一のトラブルを防ぐ為にも必ず契約書の交付を求め、口約束でのリフォームは決して行わないで下さい。
また、内容もかなり詳細に記載されていますので確認も面倒かもしれませんが、必ず欠くにンをしておくようにしてください。 

約款

契約の取り決めを書面にしたものです。
どんな内容でどのような仕上がりになったら終了なのか、といった工事に関わる約束事の詳細を記しています。
支払いや工事後のアフターケアについても約款に記載されており、約款の内容については法的な義務となります。

約款はクーリングオフについても記載されており、しっかりと
また、赤字での記載や文字の大きさも8ポイント以上と定められています。

設計図

設計図に書かれている通りに工事が行われます。
小規模なリフォームの場合には提出されない事もあります。

仕上げ表

内装材や設備機器が記載されています。
商品名や品番が記載されていますが、カタログや見本を見て確認をしておくようにしましょう。

業者によっては書類の内容が統合されている場合もあるので実際の枚数は異なりますが、見積書、契約書、約款の3つは確実に必要となります。
業者から提出される書類というのは、トラブル防止のためにも非常に重要な項目となっています。

【オリジナルの見積もり、プランを無料作成してもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、ダーウィンシステムが運営する「タウンライフリフォーム」です。

タウンライフリフォームの画像

チェックマーク【タウンライフのオススメポイント】
  • 厳格な審査を通過した優良業者が300社以上登録
  • 見積もり以外にも計画書をもらえる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も豊富で顧客満足度が高い
  • 戸建て、マンション、店舗、事務所まで対応
【タウンライフリフォームの概要】
タウンライフリフォームでは、約3分の入力を行うだけで複数のリフォーム業者から「アイデア&アドバイス」「費用・見積もり」「プランニング」の3つのプランを提案してもらえます。
単に価格だけで選択するだけではなく、完全オリジナルのリフォーム計画書を見て、気に入ったリフォーム業者を選択する事が出来ます。
参加している業者は厳格な審査を行い登録された業者なので、悪徳業者も参加していません。
完全無料にて手間をかける事なく、複数の業者と比較をする事が可能となっています。