収納リフォームの費用

収納を上手く活用する事で、家の中もスッキリして非常に住み心地も良くなります。

収納リフォームの費用について記載しているページです。

収納リフォームの費用

収納リフォームと言っても、様々な収納があります。
クローゼット(ウォークインなども含む)、壁内のデッドスペースへの収納スペース、玄関、書棚・本棚など、様々な場所にて考えられます。
行う場所によっても費用というのは大きく変わってきますが、50万円以内に収まる事が多いと言えます。

簡単な収納リフォームで5万円から15万円、玄関の収納・壁面のデットスペースを活用した収納リフォームなどの中規模の場合には、15万円から50万円未満となります。
完全オーダーメイドの収納スペースを作る事で、50万円を超える事もありますが、ほとんどの場合で50万円未満に抑える事が出来ます。

リビングに大型テレビなどを置く事が出来る大型の収納スペースを造り出すと50万円以上します。
それでも100万円を超える事はありません。

システム収納

様々なパーツを組み合わせて作る収納で、理想の収納にするためには知識が必要となります。
インテリアコーディネーターという資格がある程コーディネートは難しいため、専門知識のある担当者としっかりと打ち合わせをしなければ、失敗する可能性があります。
完全オーダーというわけではありませんので、自分に合ったものを提案してもらうためにも、専門知識のあるものを作成するようにしてください。

造り付け家具

造り付け家具というのは、オーダーメイドの収納家具と言えば分かりやすいでしょう。
完全に注文なので、自分の家に合った完璧な収納を作る事が出来ます。
しかしながら、完全1点ものという事を考えると、費用も高くなりますので注意が必要になります。

収納リフォームのポイント

様々な種類がありますが、まずはクローゼットに関して言えば、既存の収納スペースでも仕切り板、引き出しユニットを設置する事で、非常に機能性のある収納スペースになります。
しっかりと採寸をしないといけなかったり、材料の仕入れなど、手間はかかりますが、DIYでも可能です。
しかしながら、リフォーム業者に依頼する事で、確実に質の高い収納スペースを造り出す事が出来ます。
簡単なリフォームとなりますので、5万円から15万円前後で行えます。

収納する物・場所をしっかり考える

また、収納リフォームを行う前には、収納したい物や場所を考える必要があります。
収納の目的が不明確の場合、業者側からの提案も曖昧なものとなり、失敗する可能性が高いのです。

収納と言っても、様々な種類があり、見える形としてインテリアとして使ったりする事も可能です。
その他、デッドスペースを利用した見えない部分の収納もあります。
色々な要望を、リフォーム業者の担当者に伝えて、自分に合った収納スペースを作れるようにしましょう。

業者選びは重要

業者によって提案が大きく変わってきます。
その提案というのは、価格の事も含まれています。
自分の予算などの都合を伝え、それを最適な形にしてくれるのがリフォーム業者の仕事なわけですが、各業者で持っているスキルは異なります。
そのため、満足の行く収納リフォームを行うためにも、必ず色々な業者を見る必要があります。

一旦収納リフォームを行った後、やっぱり違うという事で別の収納リフォームをすると、余分な費用がかかりますので、十分に注意が必要となります。
見積もり依頼や相談自体は無料なので、必ず色々な業者を見て、比較検討するようにしてください。

【見積もり相場は今いくら?無料&匿名でスグ分かる!】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、セカイエが運営する「リノコ」です。

リノコの画像

チェックマーク【リノコのオススメポイント】
  • 厳格な審査を通過した優良業者が300社以上登録
  • 約10秒でリフォームの見積もり相場をチェック可能
  • 完全無料&匿名利用が出来る
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も豊富で顧客満足度が高い
【リノコの概要】
リノコでは、約10秒の入力を行うだけでリフォームの見積もり相場をチェックする事が出来ます。
完全無料で匿名利用が出来るため、しつこい営業電話の心配もありません。
また、厳格な審査を行い登録された業者(審査通過率9.8%)の紹介やリフォーム専門スタッフによる相談も無料なのでオススメです。
適正価格を知る事が出来るのと、手間を掛ける事なく複数の業者と比較をする事が出来るので試しておいて損はありません。