この記事の所要時間: 327

リフォームの資金計画

リフォームは大規模な工事から小さな工事まで、幅広くあります。
大規模になると、数百万円、数千万円単位のお金が必要になります。

高額なお金になると、リフォームの資金計画というのは非常に重要です。
せっかく高いお金を支払ってリフォームをしたのにも関わらず、無理なリフォームを行うと今後非常に苦しい正確になってしまい本末転倒になってしまいます。

住宅ローンを組むにしても金利が発生しますので、その部分もしっかりと考慮する必要があります。
数百万円の借り入れをした場合には、金利も非常に高くなりますので注意しましょう。

順を追ってリフォームの資金計画について記載していきます。

1.どんなリフォームにする?

まずはどんなリフォームにするのかを考える必要があります。
現在の状況、ライフスタイルなどを踏まえながら、家族と話し合いをしましょう。

とにかくここでは理想で問題ありません。
後々、リフォーム業者と打ち合わせをして詳細を決めていきます。

2.リフォーム費用はいくら?

その次に、自分が行いたいリフォームがだいたいどの位になるのかを調べる必要があります。
インターネットや雑誌などで調べると良いでしょう。

リフォームを行う状況や業者によっても費用は異なりますので、ここではだいたいどの位になるのかというのを把握しておけば問題ありません。

リフォームに掛かる費用というのは、リフォーム設備費用、工事費用だけではありません。
インテリアに必要な物、仮住まい、引越し、倉庫の費用なども必要になります。
利用しない場合もあると思いますが、リフォーム以外の費用も考えておく必要があります。

3.どの位の資金が使えるか?

だいたいどの位のリフォームか分かったら、自分の使える予算を把握しておきましょう。
貯金はもちろんですが、借り入れをする場合には、しっかりとした返済プランがあるのかなどを知る必要があります。
計画的に現在の収入と合わせて、どの位使えるかという事を頭の中に入れておきましょう。

ローンを組むとした場合には、全体の20%程度の自己資金は必要となります。
業者によっても取扱いのローンは異なりますので、色々な業者に相談をすると良いと思います。

4.リフォームのローンの特徴

状況にもよりますが、リフォームを目的とした場合に借り入れをしたローンは、リフォームローンとなります。
中古住宅を購入してリフォームをする場合には、リフォーム代金も中古住宅の購入額と同じローンに入れる事が出来ます。その場合には、住宅ローンとなります。

審査の方法としては、ローンの借り入れ額が年収の何割を占めるかという判断基準になります。
その当たりも踏まえて、リフォーム業者の担当者と相談をしてみると良いでしょう。

5.助成金や保険

自治体によっては、リフォームによる助成金を受ける事が出来る場合があります。
例えば、バリアフリーのリフォームなどは助成金を受け取る事が出来る可能性が高いと言えます。

主な助成金

・耐震改修工事
・介護保険制度
・高齢者自立支援住宅の改修助成制度
・省エネルギー住宅

その他にも、外壁塗装を火災保険にて賄う事が出来る可能性もあります。
各業者によって提案の方法なども異なりますので、助成金に関しても担当者に話を聞いておくようにしましょう。

6.業者と一緒に資金計画を考える

リフォーム業者は数多くの実績がありますので、資金計画、調整などは得意としています。
業者によっては、ファイナンシャルプランナーの視覚を持ったスタッフがいる所もありますので、プロと一緒に資金計画を考える事で、無理のないリフォームを行う事が出来ます。

そういった細かい部分までサポートをしてくれる業者に依頼するためにも、業者選びには慎重になりたい所です。
また業者によっても費用が格段に安くなるケースもあります。
複数の業者と比較検討をして、自分に合った業者を見つけるようにしましょう。

【オリジナルの見積もり、プランを無料作成してもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、ダーウィンシステムが運営する「タウンライフリフォーム」です。

タウンライフリフォームの画像

チェックマーク【タウンライフのオススメポイント】
  • 厳格な審査を通過した優良業者が300社以上登録
  • 見積もり以外にも計画書をもらえる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も豊富で顧客満足度が高い
  • 戸建て、マンション、店舗、事務所まで対応
【タウンライフリフォームの概要】
タウンライフリフォームでは、約3分の入力を行うだけで複数のリフォーム業者から「アイデア&アドバイス」「費用・見積もり」「プランニング」の3つのプランを提案してもらえます。
単に価格だけで選択するだけではなく、完全オリジナルのリフォーム計画書を見て、気に入ったリフォーム業者を選択する事が出来ます。
参加している業者は厳格な審査を行い登録された業者なので、悪徳業者も参加していません。
完全無料にて手間をかける事なく、複数の業者と比較をする事が可能となっています。