この記事の所要時間: 253

リフォームの仕上がりが悪い

リフォームの仕上がりが悪いというのは、良くあるトラブルとして多くの相談が寄せられています。
リフォームはその道のプロフェッショナルが行うものですが、100%ミスがないというわけではありません。
プロと言っても人ですから、稀に仕上がりが思っていたものは違う事があります。

要因は様々ですが、まとめると下記のような事が挙げられます。

・リフォーム業者との打ち合わせが不十分
・妥協
・計画の理解不足(説明不足)
・リフォーム計画の変更
・業者の手抜き

などがあります。
どの項目も準備をしていれば、解決出来る問題ばかりなので、事前に情報を集めて対策も取っておくようにしたい所です。

仕上がりが悪いと思った場合は?

高いお金を支払ってリフォームをするわけですが、思っていたイメージと違うというのは、非常に問題ですよね。
リフォーム失敗ということに繋がります。

どうしても気に入らない場合には、修繕依頼をする必要がありますが、余分な費用が発生する事となります。

修繕費の支払い負担

修繕にかかる必要と言うのは、業者か依頼主かどちらが負担するの?と思う方もいると思います。
「相手はプロだから仕上がりは悪いのは業者のせいでしょ?」と思う方もいるかもしれません。

しかしながら、冷静に考えてどちらに責任があるかによって、修繕費の支払い負担というのは変わってきます。

依頼主?業者?どっちの責任

まずは、どのような理由でリフォームが失敗してしまったのかを業者と話し合いをする必要があります。

工事に入る前には、必ずリフォーム業者との打ち合わせをします。
その中でしっかりとリフォーム計画を立てて、トラブルがないように書面にして記録を行います。
その書面は非常に重要で、契約書から全てを見直すようにしましょう。

打ち合わせのタイミングで、しっかりと業者側から説明をされて、その通りにリフォームが進行した場合には、業者側に責任を問う事は非常に難しいと言えます。
また、工事を行わないという計画で進んでいたのに、利用者が工事を行うと勘違いしていたケースは珍しくありません。
勘違いのケースも書面に記載してある事が全てなので、書面に記載がなければ業者側に修繕をしてもらう事が出来ません。

書面があっても説明がなかった

いくら書面があった場合でも、字が細かく誰もが読む気を失せる契約書などはありますよね。
業者側は依頼主側に説明も義務がありますので、契約前には必ず契約書の内容確認をしなければなりません。
リフォーム業者が、計画の説明がないまま進めたり、希望するリフォームを計画に反映する事が出来ていなければ、業者の責任となります。

ただし、業者側の責任を証明するには打ち合わせ内容を記録するなど証拠を残さなければなりません。
例えば、打ち合わせの時点でメモを取る、会話を録音するなどをしておかなければ、解決できるのには時間がかかるでしょう。

トラブルが発生してしまった場合には、弁護士などの専門家を通す事が望ましいのですが、費用がかかります。
まずは国民生活センターなどに相談をしてみるというのもひとつの手段です。

高額な取引になりますので、トラブルが発生すると非常に面倒な事になります。
そうならないためにも、絶対的に契約書の確認などはしっかりと行っておきましょう。

【オリジナルの見積もり、プランを無料作成してもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、ダーウィンシステムが運営する「タウンライフリフォーム」です。

タウンライフリフォームの画像

チェックマーク【タウンライフのオススメポイント】
  • 厳格な審査を通過した優良業者が300社以上登録
  • 見積もり以外にも計画書をもらえる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も豊富で顧客満足度が高い
  • 戸建て、マンション、店舗、事務所まで対応
【タウンライフリフォームの概要】
タウンライフリフォームでは、約3分の入力を行うだけで複数のリフォーム業者から「アイデア&アドバイス」「費用・見積もり」「プランニング」の3つのプランを提案してもらえます。
単に価格だけで選択するだけではなく、完全オリジナルのリフォーム計画書を見て、気に入ったリフォーム業者を選択する事が出来ます。
参加している業者は厳格な審査を行い登録された業者なので、悪徳業者も参加していません。
完全無料にて手間をかける事なく、複数の業者と比較をする事が可能となっています。