この記事の所要時間: 222

屋根リフォームの種類

屋根のリフォームは定期的に必要になります。
雨や風を防止してくれる大切な役割がありますが、日々劣化していきますので、必ずメンテナンスが必要です。
放置した状態になると、雨漏りがしたり、壁クロスへ影響でヒビ割れ、シロアリの繁殖に繋がります。

この屋根リフォームですが、色々と種類があります。
それぞれに特徴があり、自分に合った屋根リフォームを行なわなければなりません。
今回は、屋根リフォームの種類について記載していきます。

屋根リフォームの種類は?

屋根リフォームの種類をまずは知る必要があります。

塗り替え

現状の屋根の塗料を新しく塗り替えをするというものです。
他の屋根リフォームよりも安価に抑える事が出来ます。
屋根の劣化状態が明らかにひどい場合には、塗り替えだけでは足りません。
塗料にも種類があり、塗料のグレードによっても耐久性や価格は変わってきます。

葺き替え

既存の屋根を外して、新しい屋根を取り付けます。
全く新しい屋根に変わりますので、耐久性も向上して、雰囲気もガラッと変える事が出来ます。
塗り替えでは対応出来ないようなひどい劣化の場合には、こちらの葺き替えになります。
塗り替えと比べて、撤去費用、新しい屋根材の費用と高くなる傾向にあります。

カバー工法

既存の屋根に重ねて、新しい屋根を設置します。
新しい屋根材を使用するため、耐久性が高くなります。
また、新しいデザインに変える事が出来ます。
処分費用がかかりませんので、葺き替えよりも安く収まります。
しかしながら、家の状況によっては施工が出来ない場合もあります。

屋根リフォームのタイミング

日本瓦:50〜100年(※葺き替え、塗り替え)
セメント瓦:10〜15年(※葺き替え、塗り替え)
ストレート:20〜25年(※カバー工法、塗り替え)
トタン:15〜20年(※カバー工法、塗り替え)

上記のような耐用年数と言われています。
屋根材の種類によっても、工法は大きく変わってきます。
5年〜10年に1度、業者に家の診断をしてもらうと良いでしょう。
業者の家の診断をしてもらう事で、最適なプランを提案してもらえます。

業者選び

業者選びによっても、価格やサービスは変わってきます。
そのため、必ず複数の業者に見積もり依頼をするようにしてください。
色々な業者の見積書を比べて、価格が安いだけではなく、どんな材料を使用しているのか、保証はどうなっているのかなど、サービス部分もしっかりと見ておくようにしましょう。

色々な業者を見る事で、より自分に合った業者を見つける事が出来ます。
また、一括見積もりサイトを利用するとスムーズに比べる事が可能です。

【オリジナルの見積もり、プランを無料作成してもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、ダーウィンシステムが運営する「タウンライフリフォーム」です。

タウンライフリフォームの画像

チェックマーク【タウンライフのオススメポイント】
  • 厳格な審査を通過した優良業者が300社以上登録
  • 見積もり以外にも計画書をもらえる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も豊富で顧客満足度が高い
  • 戸建て、マンション、店舗、事務所まで対応
【タウンライフリフォームの概要】
タウンライフリフォームでは、約3分の入力を行うだけで複数のリフォーム業者から「アイデア&アドバイス」「費用・見積もり」「プランニング」の3つのプランを提案してもらえます。
単に価格だけで選択するだけではなく、完全オリジナルのリフォーム計画書を見て、気に入ったリフォーム業者を選択する事が出来ます。
参加している業者は厳格な審査を行い登録された業者なので、悪徳業者も参加していません。
完全無料にて手間をかける事なく、複数の業者と比較をする事が可能となっています。