この記事の所要時間: 240

和式から洋式へのトイレリフォーム費用

現在ではほとんどの家で洋式のトイレが採用されています。
飲食店などのお店のトイレを借りても、和式トイレの所を見かける事も少なくなりました。
何と言っても、トイレをしている時に洋式の方が負担が少ないのが一番のメリットですよね。

また、トイレの開発も進み、便座が暖かい、ウォシュレット機能、脱臭機能など、和式には出来ない機能があります。
今だに和式の人も中にはいると思います。
そういった場合、和式から洋式のトイレにリフォームをしたいという人も多いでしょう。

今回は、和式から洋式のトイレにリフォームの費用・ポイントについて焦点を当てて記載していきます。

和式から洋式へのトイレリフォーム費用

トイレリフォームの中でも難易度が高く、様々な業者が出入りする可能性があります。
リフォーム業者の他にも、水道業者、電気業者など、様々な業者が必要です。
そういう事もあって、トイレリフォームの中でも費用は高めに設定されています。

どんな洋式トイレの製品を購入するのかにもよりますが、おおよそ20万円から50万円程度(※工事費込み)となっています。
ここに内装工事などが加わると、さらに費用が上がります。
洋式トイレで綺麗になるのであれば、内装の変更も非常に効果的です。
その他の工事費用は、「トイレリフォームの費用はいくら?」を参照してください。

期間はどれくらい?

和式から洋式へのトイレリフォームは、おおよそ3日から5日程度になります。
もちろん、他の工事と一緒に行うのであれば、工期が伸びる可能性があります。
トイレというのは、生活で必須なので工事の間どうするのか?という事も考えておかなければなりません。
しっかりと業者との打ち合わせで、スケジュール確認を行うようにしてください。

より安く費用を抑えるためには?

和式から洋式へのトイレリフォームは、トイレ工事の中でも比較的高めです。
その費用を安くするためには、2つの方法があります。

型落ち、在庫の製品

1つ目は、ひとつ前のモデルや在庫が残っている製品を選択するという方法です。
場合によっては、半額くらいになっている製品もありますので、費用を抑えるためには非常に効果的な方法となっています。

ひとつ前のモデルや在庫のある製品だとしても、性能はさほど変わりありません。
実際にショールームに行ってみると分かりますが、非常に高い性能が多いのです。

費用を抑えるためにも、どの製品にするのかというのも検討すると良いでしょう。
そうする事で、大幅に費用を削減する事が出来ます。

見積もり

見積もりの際に、複数の業者に見積もりを出すようにしましょう。
工事費用に関しては、業者によって大きな差が生まれます。
この工事費という部分でも、業者によって数十万円の差が生まれます。

また、提案やサービスも異なりますので、複数の業者と比べる事で自分に合った業者を見つける事が出来ます。
価格だけで選択をするとトラブルになる可能性がありますので、サービスや保証などの部分も総合的に見て判断するようにしましょう。

【見積もり相場は今いくら?無料&匿名でスグ分かる!】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、セカイエが運営する「リノコ」です。

リノコの画像

チェックマーク【リノコのオススメポイント】
  • 厳格な審査を通過した優良業者が300社以上登録
  • 約10秒でリフォームの見積もり相場をチェック可能
  • 完全無料&匿名利用が出来る
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も豊富で顧客満足度が高い
【リノコの概要】
リノコでは、約10秒の入力を行うだけでリフォームの見積もり相場をチェックする事が出来ます。
完全無料で匿名利用が出来るため、しつこい営業電話の心配もありません。
また、厳格な審査を行い登録された業者(審査通過率9.8%)の紹介やリフォーム専門スタッフによる相談も無料なのでオススメです。
適正価格を知る事が出来るのと、手間を掛ける事なく複数の業者と比較をする事が出来るので試しておいて損はありません。