この記事の所要時間: 311

賃貸物件のリフォーム

賃貸物件の場合にはある程度揃っているため、リフォームをする必要がありません。
デザイナーズマンションや家具付きなどのオシャレなマンションも流行っており、非常に充実しています。
しかしながら、より快適にするために、どの程度までリフォームする事を許されているのか、という疑問を持つ方もいると思います。
生活スタイルの変化で物足りなくなる可能性もあるわけです。

賃貸物件でもリフォーム出来る?

当然ですが、人から借りている部屋のため、自分の勝手にリフォームを行うことは出来ません。
どの程度リフォームが可能なのかというのは、オーナーの考え方によっても異なります。
オーナーが許可すれば、構造上問題なければどこまででもリフォームする事が可能です。

DIYリフォームも流行っており、小規模のリフォームを検討する人もいるかもしれませんが、こちらもオーナーに確認する必要があります。
不動産業者が中間にいる場合には、不動産業者に話を通せば問題ありません。

・壁紙の張り替え
・ウォシュレットトイレへの変更
・浄水器、食洗機の取り付け

上記に関しては、人気のあるリフォームとなっています。
賃貸物件でもリフォームを行っている人はいますので、出来る可能性が低いというわけでもありません。

賃貸物件は元に戻す必要がある

賃貸物件を返却する際には、原状回復という義務があります。
敷金を預けていれば、その範囲で補修をしてもらえますが、リフォームをして現状に戻そうとすると、余分な費用が必要です。

ただし、オーナーが元に戻さなくても良いという場合には、その部分の修繕費用を支払う必要はありません。
譲渡する形になりますので、次の家で使用するという事は出来なくなります。

部屋に不具合がある場合は?

部屋に不具合があり、修繕リフォームが必要な場合というのも存在します。
そういった場合には対応してもらえます。

前回の入居者がいた場合でも、原状回復で元に戻す必要がありますので、壊れているというのは家主側に責任があるという事になります。
その部屋を管理している不動産業者と基本的には話をする事になるため、トラブルになる心配もありません。

不動産業者を通す事なく部屋を借りている場合には、オーナーとの直接交渉になります。
そういった場合には、契約書の中身をしっかりと確認をしなければなりません。

契約書がない場合

不動産業者を通す事なく家主と直接契約をした場合に起こりえるトラブルですが、契約書がないという場合はどうするのか、という疑問になると思います。
こういった場合には、「言った・言わない」と水掛け論になる可能性がありますので、あまりにも話し合いが出来ない状態が続くようでしたら、弁護士などの専門家を通す必要があります。

しかしながら注意したい事は、弁護士費用も安くはないという事です。
修繕費用が軽く済む場合には、弁護士費用を出すよりも修繕費を出す方が安くなる場合もあります。
その当たりはよく考えて結論を出すようにしましょう。

まとめ

基本的には、賃貸借契約にリフォームについては記載があります。
一度目を通してみると、リフォームが許可されている場合もあるかもしれません。

もしも禁止されている場合でも、不動産業者を通して家主と話し合いをする事で許可をもらえるかもしれません。
家主にとっても部屋の価値が上がるリフォームの場合には、魅力がありますよね。

不動産業者というプロを通して行いますので、よほどトラブルになる心配はないと思いますが、必ず賃貸借契約を交わすようにしてください。
「言った・言わない」のトラブルになる事は非常に面倒なトラブルとなります。

【オリジナルの見積もり、プランを無料作成してもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、ダーウィンシステムが運営する「タウンライフリフォーム」です。

タウンライフリフォームの画像

チェックマーク【タウンライフのオススメポイント】
  • 厳格な審査を通過した優良業者が300社以上登録
  • 見積もり以外にも計画書をもらえる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も豊富で顧客満足度が高い
  • 戸建て、マンション、店舗、事務所まで対応
【タウンライフリフォームの概要】
タウンライフリフォームでは、約3分の入力を行うだけで複数のリフォーム業者から「アイデア&アドバイス」「費用・見積もり」「プランニング」の3つのプランを提案してもらえます。
単に価格だけで選択するだけではなく、完全オリジナルのリフォーム計画書を見て、気に入ったリフォーム業者を選択する事が出来ます。
参加している業者は厳格な審査を行い登録された業者なので、悪徳業者も参加していません。
完全無料にて手間をかける事なく、複数の業者と比較をする事が可能となっています。