この記事の所要時間: 214

地下室のリフォーム費用

家の中に地下室と作るとなると、日本ではまだまだ珍しい事です。
防音として地下室は最適な場所で、楽器を楽しむ人、ホームシアターなどを、地下室のリフォームで工事する事が多いと言えます。

地下室は様々な制限を受けるため、新築時に作成するよりも難しくはなりますが、出来ない事もありません。
今回は、地下室のリフォーム費用について焦点を当てて行きます。

新築時とは違う地下室の工事

家の下に穴を掘り部屋を作るという考えですから、新築時に地下室を作る事が一般的です。
しかしながら、既に家が建っている場合には、簡単に行う事は出来ません。

そういった場合には、建て替えと同時に地下室を行う、庭などに作ると言った方法があります。
建て替えを検討している場合には、地下室リフォームを検討しても良いと思います。
費用面の問題だけで、打ち合わせ自体はスムーズに進める事が出来ます。

庭などの土地に作る際には、導線の確保も必要となります。
住んでいる地域によっては規制もあるため、工事が出来るか出来ないかは、事前に確認が必要です。

地下室リフォームの実績があるリフォーム業者に一度相談をしてみると良いでしょう。

地下室リフォーム費用は?

地下室を新しく作ろうとすると、600万円前後が必要になります。
他のリフォームと比べても、非常に高額な費用です。
また、対応している業者というのも限られてきます。

業者によっても費用は変わりますので、複数の業者と比較をしたい所ですが、業者が限られてきますので業者選びは難しいと思います。
一番手っ取り早い方法としては、一括見積もりサイトで比較をするという事です。
厳格な審査を通過したリフォーム業者が、大手から地元業者まで登録されていますので、地下室のリフォームを行う際には、ぜひとも試しておきたい作業となっています。

その地下室は本当に必要?

実際に地下室を作るとなった場合には、色々な業者に見積もり依頼をする事になります。
しかしながら、そもそも本当に地下室が必要なのか?という部分は考えなければなりません。
地下室を作ろうとしている目的があると思いますが、地下室でなくても他のリフォーム工事でも可能かもしれないわけです。

代替案というのは、経験の少ない素人では分からない事も多いと思いますので、リフォーム業者に相談をしてみると良いでしょう。
相談自体は無料ですから、親切な業者であれば色々と提案してくれます。
予算の都合などもありますので、色々な提案で色々な見積もりを作成してもらうと分かりやすいと思います。

【見積もり相場は今いくら?無料&匿名でスグ分かる!】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、セカイエが運営する「リノコ」です。

リノコの画像

チェックマーク【リノコのオススメポイント】
  • 厳格な審査を通過した優良業者が300社以上登録
  • 約10秒でリフォームの見積もり相場をチェック可能
  • 完全無料&匿名利用が出来る
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も豊富で顧客満足度が高い
【リノコの概要】
リノコでは、約10秒の入力を行うだけでリフォームの見積もり相場をチェックする事が出来ます。
完全無料で匿名利用が出来るため、しつこい営業電話の心配もありません。
また、厳格な審査を行い登録された業者(審査通過率9.8%)の紹介やリフォーム専門スタッフによる相談も無料なのでオススメです。
適正価格を知る事が出来るのと、手間を掛ける事なく複数の業者と比較をする事が出来るので試しておいて損はありません。