この記事の所要時間: 35

リフォームの種類

リフォームの種類というのは、非常に多くあります。
何のためにリフォームを行うのか、目的によって行う工事というのは変わってきます。

下記のようなリフォームは人気の高いリフォームの内容となっています。

外観リフォーム

・屋根塗装
・外壁塗装
・外壁の張り替え
・外構、エクステリア

家の見た目に関わってくるリフォームは大きく分けてこの4種類です。

外観を変更するわけですから、自分の自由に行いたいという気持ちはあると思います。
しかしながら、そう簡単に自分の好きなように変更する事が出来ない可能性も出ます。
色やデザインは自由に選択出来ますが、周囲環境などの都合もあるので、限定的なリフォームになる場合もあります。

周辺環境を考慮したリフォームの提案などは、担当者との打ち合わせにて行います。
プロはプランの提案をする前に、現地調査を徹底して行いますので、周辺環境にそぐわないなど言ったトラブルになるという事もありません。

内装リフォーム

・間取り変更
・壁紙などの内装変更

家の内装をリフォームする場合は、間取りを変えるものと、内装を変えるものがあります。

間取り変更は主に子供の成長や二世帯住宅などを検討している場合に多い相談となっています。
内装変更というのは、壁紙や照明を変えることで、同じ間取りの部屋でもガラッと印象を変える事が出来ます。

耐久性を伴うリフォーム

・耐震リフォーム
・水害リフォーム
・シロアリ対策
・外壁塗装、外壁リフォーム

自然災害に対してのリフォームです。
地震の揺れを吸収する効果のある金属を付けらり、地震を感知し、空圧によって地面から住宅を少し浮かせ、揺れの影響を少なくするものなどがあります。
水害対策に関しては、床下、床上浸水を防止する板をつけるリフォームなどがあります。

耐久性を伴うリフォームをしておく事で、万が一のために備える事が出来ます。
自然災害が発生した後に修理をするというのは手遅れで、余分な費用が掛かってしまいます。

より良い生活環境へリフォーム

・バリアフリー
・太陽光発電システム
・ハウスシック対策

バリアフリー化というのは、親と同居しているという方も最近では多いため、人気があります。
その他、太陽光発電システムも国・自治体の補助金や売電、電力自由化などに伴い、非常に人気のあるリフォームの内容となっています。

小さな子供やアレルギーを持っている場合には、自然素材を仕様したハウスシック対策を伴うリフォームを行うという手段もあります。
業者に相談をすると、様々な種類の素材から依頼主に合った製品を提案してもらえます。

全面改装

スケルトンリフォームとも言われています。
骨組や外壁部分のみを残して、その他全て作り替えをしてしまいます。

1,000万円単位でかかる場合も珍しくはありません。
しかしながら、建て替えよりも費用を安く抑える事が出来るというメリットもあります。

まとめ

上記以外にも様々なリフォームの種類が存在します。
そのため、実際に依頼をする前には、自分のリフォームの目的を明確にして、業者に相談をするようにしましょう。

具体性はなくても、こんなリフォームにしたい、予算はいくらだ、と言ったおおまかな内容を伝える事で形にしてくれます。
業者によっても価格やサービス、提案というのは異なりますので、色々な業者に相談をするようにしてください。
自分に合ったリフォーム業者に依頼する事が、リフォームの成功へと繋がります。

【オリジナルの見積もり、プランを無料作成してもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、ダーウィンシステムが運営する「タウンライフリフォーム」です。

タウンライフリフォームの画像

チェックマーク【タウンライフのオススメポイント】
  • 厳格な審査を通過した優良業者が300社以上登録
  • 見積もり以外にも計画書をもらえる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も豊富で顧客満足度が高い
  • 戸建て、マンション、店舗、事務所まで対応
【タウンライフリフォームの概要】
タウンライフリフォームでは、約3分の入力を行うだけで複数のリフォーム業者から「アイデア&アドバイス」「費用・見積もり」「プランニング」の3つのプランを提案してもらえます。
単に価格だけで選択するだけではなく、完全オリジナルのリフォーム計画書を見て、気に入ったリフォーム業者を選択する事が出来ます。
参加している業者は厳格な審査を行い登録された業者なので、悪徳業者も参加していません。
完全無料にて手間をかける事なく、複数の業者と比較をする事が可能となっています。