この記事の所要時間: 38

ハッキリ言う担当者の対応が良かった

60代の両親が二人で住む実家のリフォーム工事を行う事になりました。
長女の私は、車で10分と掛からない場所に住んでいるので、頻繁に顔を見に行きますし、子供たちも自由に行き来しています。
両親とも今のところ持病などもなく元気でいてくれて何よりなのですが、逆に言えば元気な内だからこそ、確実に訪れる老いに備えるために、家の中を整えておかないといけないと折に触れて母と相談していました。

実家は築50年近く経っており、家のあちらこちらに傷みも出ています。
それでも、両親には長年の愛着があるらしく、建て替えたり、大きく外観を変えてしまうようなリフォームはしたくないとの事でした。
ではどこを直したいのか具体的に尋ねると、台所とリビングを一体化したいとのこと。
確かに、実家は少し変わった作りで、台所とリビングが引き戸1枚で区切られており、台所で出来上がった料理を引き戸を開けてリビングに運ぶという非常に同線の悪い間取りでした。
お正月などで家族や親戚が集まる時も、台所で作業している母や私たちは団らんの中に加わり辛く、せっかくの皆が集まる機会も楽しめない状態になっていました。
また、テレビ番組でお年寄りに多い「ヒートショック」について紹介されていたようで、その事を母は特に怖がっていました。
実家のお風呂は天井も高く寒々しいタイル貼りで、さらに浴槽も深くて入り辛いお風呂だったので、それも併せて改修したいとの事でした。

さて、どこのリフォーム会社にしようかと話し合っている時、父の友人が、最近長男夫婦との二世帯住宅を創建ホームさんの注文住宅で建てて、とても気に入っているようだという話を聞きました。
何度も家の話をしており、よほど気に入っているのだろうという事で、少し気になってホームページを見てみました。
すると、注文住宅のみならずリフォーム部門もあり、そこには多数の施工実績やリフォームプランがズラリと紹介されていて圧倒されるほどでした。
早速ホームページから問い合わせると、後日担当者の方が来て下さり見積もりを作ってくれました。
担当者の方は、私たちの要望を細かく聞きながら、出来ることは出来る、出来ないことは出来ないと理由も含めて明快に説明してくださり、とても親身になって相談に乗ってくれて両親も安心したようです。
担当者の方の誠実さが伝わってきて、実家のリフォーム工事は創建ホームさんにお願いすることに決まりました。

何度も打ち合わせをして台所とリビングを一体化する工事について図面を描いてもらい、これからの年老いた両親でも動きやすく使いやすい間取りを一緒になって考えてくれました。
お風呂の改修工事を含めた費用についても、一つ一つの項目別に算出されたものが明示されており、納得のいく金額でお願い出来る事になりました。

実際の工事期間は約1か月。工事期間中、日中は私の家に来ていた両親も夜になると実家に戻って、徐々に変わっていく様子を楽しんでいたようです。
特に母親は、キッチンとお風呂が新しく生まれ変わるのがとても嬉しい様子で、今までに見た事のない表情をしていました。
完成引き渡しが待ち遠しかった1か月だったようです。仕上がりには、本当に感激していました。
また、引き渡し時に、、使い続けるうちに困った点や不具合等が万一発生した場合でも気軽に連絡して欲しいと言われ、今後も定期的にアフターフォローのハガキ等を送ってくださるとのこと・・・。
引き渡したらそれで終わりという事ではないのが安心だと思います。
せっかくリフォームして快適な暮らしが出来るようになったのだから、両親にはこれからも元気で長生きしてもらいたいと思っています。

【オリジナルの見積もり、プランを無料作成してもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、ダーウィンシステムが運営する「タウンライフリフォーム」です。

タウンライフリフォームの画像

チェックマーク【タウンライフのオススメポイント】
  • 厳格な審査を通過した優良業者が300社以上登録
  • 見積もり以外にも計画書をもらえる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も豊富で顧客満足度が高い
  • 戸建て、マンション、店舗、事務所まで対応
【タウンライフリフォームの概要】
タウンライフリフォームでは、約3分の入力を行うだけで複数のリフォーム業者から「アイデア&アドバイス」「費用・見積もり」「プランニング」の3つのプランを提案してもらえます。
単に価格だけで選択するだけではなく、完全オリジナルのリフォーム計画書を見て、気に入ったリフォーム業者を選択する事が出来ます。
参加している業者は厳格な審査を行い登録された業者なので、悪徳業者も参加していません。
完全無料にて手間をかける事なく、複数の業者と比較をする事が可能となっています。

コメントを残す