この記事の所要時間: 248

リフォーム資金の借入

リフォームを行う際には、高額な費用が必要となっています。
その中で、資金の確保というのは重要な課題になると思います。

資金を確保するためにローンの借入をするという人もいるでしょう。
リフォーム資金の借入には色々な種類がありますが、どんな借入をするかを慎重に決めなければ損をする事になります。

リフォームローン

リフォームローンは、住宅のリフォームを銀行から借入をする事が出来ます。
借入総額が前年度の税込年収によっても変わってきますので、そちも確認が必要です。

リフォーム業者によっても、取引のある金融機関が異なります。
条件などもありますので、リフォーム業者に資金計画の相談をして、アドバイスをもらうと良いでしょう。
金利や返済期間などは確実に確認をしておくようにしてください。
また、無担保や有担保などの種類もあり、メリット、デメリットをしっかりと把握した上で検討しなければなりません。

無担保と有担保

無担保と有担保の違いは、有担保の方が金利が低く、審査が厳しくなっています。
無担保は、その名の通り担保がいりませんし、審査も早いので借りやすいというメリットがあります。
それぞれにメリット、デメリットがありますので、十分に注意をして検討しなければなりません。

住宅ローン

中古住宅を購入する際に、一緒にリフォームを行う事で住宅ローンとして借入をする事が出来ます。
審査や抵当権の設定などを一括して行う事が出来るというのはメリットになります。

リフォームローンの場合には、住宅ローンの返済と合わせて審査をされますが、住宅ローンは審査がリフォームローンよりも通りやすい場合があります。

ローンの注意点

ローンを借り入れをする際には、金利はどうしても気になると思います。
高額な取引になりますので、借り入れ年数が長ければそれだけ金利によって総額が高くなります。
金利の安い所の方が良いに決まっていますよね。

しかしながら、注意をしなければ損をする可能性もあります。
それは、金利が安くても手数料が高いという場合があるためです。
保証料や事務手数料、抵当権設定手続費用など、様々な諸経費がかかりますので、そういった所も考慮しなければなりません。
あくまでも総額で見て判断をするようにしましょう。

自己資金を用意しよう

自己資金があった方が審査も通りやすくなりますし、後々負担のないリフォームを行う事が出来ます。
ある程度の金額のリフォームを行う場合には、自己資金が貯まるまで待った方が良いかもしれません。

リフォーム資金を借入と言っても、様々な手段がありますので、資金計画をしっかりと行い、自分に合ったリフォームを行うようにしましょう。

まとめ

高い買い物になりますので、しっかりとした資金計画が必要となります。
無理のないリフォームを行うためにも、単に借入をするだけではなく、しっかりと自己資金も用意しておく事をオススメします。
また、リフォームのプランニングをするだけではなく、資金計画もしっかりとサポートをしてくれる業者が良いでしょう。

業者によっても資金計画の提案の方法は異なりますので、そういった側面からも業者選びをするのも良いと思います。

【見積もり相場は今いくら?無料&匿名でスグ分かる!】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、セカイエが運営する「リノコ」です。

リノコの画像

チェックマーク【リノコのオススメポイント】
  • 厳格な審査を通過した優良業者が300社以上登録
  • 約10秒でリフォームの見積もり相場をチェック可能
  • 完全無料&匿名利用が出来る
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も豊富で顧客満足度が高い
【リノコの概要】
リノコでは、約10秒の入力を行うだけでリフォームの見積もり相場をチェックする事が出来ます。
完全無料で匿名利用が出来るため、しつこい営業電話の心配もありません。
また、厳格な審査を行い登録された業者(審査通過率9.8%)の紹介やリフォーム専門スタッフによる相談も無料なのでオススメです。
適正価格を知る事が出来るのと、手間を掛ける事なく複数の業者と比較をする事が出来るので試しておいて損はありません。