この記事の所要時間: 315

洗面台の失敗しない選び方

洗面台の失敗しない選び方について記載しています。
洗面台は身なりを整えるための重要な役割があり、ほとんど毎日使う事になります。
そのため、使いやすい機能性の高い洗面台でなければなりません。

具体的にどんな機能があったら便利などは、実際にリフォームを検討している方は迷うと思います。
選び方のポイントを抑える事で、自分に合った洗面台リフォームを行う事が出来ます。

失敗しない洗面台の選び方は?

収納スペース

使いやすい洗面台にするためには、収納機能が優れた製品を選択すると良いでしょう。
洗面道具や化粧道具、タオル、その他日用品など、その家によっても何を収納しておくのか違っては来ますが、収納スペースがあると非常に便利と言えます。

現状で洗面台に何をしまっているのか、何をしまいたいのかをあらかじめ考えておくと良いでしょう。
限られたスペースの中で、洗面台に収納機能があるというのは役に立ちます。

また、収納では扉タイプ、引き出しタイプ、フルスライドタイプなどの種類があります。
収納しておくものなどによっても選択は変わってきます。

洗面ボウル

洗面ボウルは、メーカーによっても大きくデザイン性や機能性が異なります。
陶器、人口大理石、ホーローと言った種類があります。
デザイン性に優れた製品から汚れにくい製品、広々と使える製品まで様々です。
手を洗う場所という事もあって、石鹸や歯ブラシなどを置く人もいるでしょう。

実際にショールームに行くと見る事が出来るため、自分の目で見ておく事をオススメします。
手を洗うなど非常に使う場所なので、疲れないように自分に合った高さの背品を選択するようにしましょう。

水栓

水栓をひねる事で水が出るわけですが、ここにも拘った製品が多く販売されています。
自分でひねるもの、レバー式、センサー反応するもの、引き出してシャワータイプになっているものなど、幅広くあります。
使い勝手は全く変わってくるため、この水栓部分もショールームにて自分の目でしっかりと確認しておきたい所です。

コンセント

洗面台では電気カミソリ、ドライヤー、アイロンなど、電化製品を使う事も多くあります。
そのため、コンセントの位置や数もしっかりと把握しておきたい所です。

清掃面

非常に汚れやすい場所という事もあって、素材にて汚れにくい製品を選択するのもオススメです。
最近では様々な商品、機能性の高いものがあります。
清掃も非常に手間のかかる事だと思いますので、清掃面で洗面台を決めるというのもひとつの手段となっています。

間口

間口というのも非常に重要な項目です。
間口は洗面台本体の幅の事を指しており、自分の家の洗面台を置くスペースがあると思いますので、そこの広さに合わせる必要があります。
オーダーメイドの洗面台もありますが、規格品にて購入をする場合には、間口の事も考えなくてはなりません。

一面鏡、二面鏡、三面鏡があります。
裏面が収納スペースになっている商品もありますので、そちらの部分も確認をしておかなければなりません。
小物を収納しておく事が出来ますので、非常に便利です。

まとめ

色々な機能を持った製品があります。
デザイン性も異なりますし、規格品からオーダーメイドまで種類が豊富なため、色々な洗面台を見ておかなければなりません。。
寸法なども自分で図る事は出来ますが、業者に図ってもらった方が確実でしょう。

とにかくショールームに行って、自分の目で確かめるというのが非常に重要と言えます。
また、業者によっても提案や価格など異なりますので、複数の業者を見ておくようにしてください。
そうする事で、より自分に合った業者を見つける事が出来ます。

【見積もり相場は今いくら?無料&匿名でスグ分かる!】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、セカイエが運営する「リノコ」です。

リノコの画像

チェックマーク【リノコのオススメポイント】
  • 厳格な審査を通過した優良業者が300社以上登録
  • 約10秒でリフォームの見積もり相場をチェック可能
  • 完全無料&匿名利用が出来る
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も豊富で顧客満足度が高い
【リノコの概要】
リノコでは、約10秒の入力を行うだけでリフォームの見積もり相場をチェックする事が出来ます。
完全無料で匿名利用が出来るため、しつこい営業電話の心配もありません。
また、厳格な審査を行い登録された業者(審査通過率9.8%)の紹介やリフォーム専門スタッフによる相談も無料なのでオススメです。
適正価格を知る事が出来るのと、手間を掛ける事なく複数の業者と比較をする事が出来るので試しておいて損はありません。