この記事の所要時間: 235

浴室リフォームの追い炊き

お風呂は1日の疲れを癒す場所でもありますので、ゆっくり出来るように機能性も重視しておきたい所です。
その中のひとつとして湯船に浸かる方も多いと思います。
湯船に浸かるとなると、やはり追い炊き機能というのは欠かせませんよね。

今の家は追い炊き機能が付いている所も多くなってきましたが、まだまだ付いていない家も多くあります。
特に中古物件を購入した際には、浴室に追い炊き機能が付いていないという事も考えられます。

今回は、浴室リフォームの追い炊き工事について記載していきます。

追い炊きと差し湯

追い炊きは、冷めたお湯を温め直すものと熱いお湯を足す差し湯の2種類があります。
正確には差し湯は追い炊きではありませんが、お湯を温め直すという意味でも広く使われています。

この2種類ですが、水の量と電気代が異なります。
追い炊きは電気代が、差し湯の場合には水代が余分にかかります。
こういった維持コストは、どちらがお得かというのは家の状況によっても異なるため、シミュレーションする事が重要となります。
太陽光発電などを設置している場合には、追い炊きの方がお得になる可能性が高いと言えます。

24時間風呂というものもあります。
殺菌、抗菌の効果もありますので、節水は出来ますが大きく電気料金が必要となります。
快適な暮らしになる事は間違いありませんが、自分の生活スタイルに合わせた提案をしてもらうようにしましょう。

追い炊き機能はいくらで付けれる?

現状で追い炊きが無い場合には、温水器の容量、既存温水器の撤去方法、温水器から浴槽までの距離など、その状況によって大きく変わってきます。
100万円単位で必要になる事もありますので、追い炊き機能を付けようと考えている方は、一度リフォーム業者に相談してみる事をオススメします。

状況によっては数十万円で収まる場合もありますが、色々な業者に見積もり依頼をして比べるようにしてください。
業者によっても工事費や施工後の保証なども異なるため、より自分に合った業者を見つけるためにも、複数の業者と比べるという事は非常に重要な事となります。

水道代・電気代はどの位あがる?

地域によっても水道代や電気代は異なります。
また、給湯器やガス会社の種類によってもバラツキがあり、一概にいくら水道代や電気代が上がるのか算出し辛い所があります。
毎日使用した場合には、年間万単位のお金が引き上がります。
詳細は地域などによっても異なるため、工事を依頼する業者に聞いておく事をオススメします。
業者側は多くの実績がありますので、だいたいどの位のコストが必要になるのかというのは把握しています。

工期はどの位?

追い炊き機能を付ける工期としては、業者や状況によっても異なりますが1日から2日程度で完了します。
その間お風呂を使う事が出来ませんので、銭湯などに行くなどしなければなりません。
しっかりと業者からスケジュールを確認しておくようにしましょう。

【オリジナルの見積もり、プランを無料作成してもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、ダーウィンシステムが運営する「タウンライフリフォーム」です。

タウンライフリフォームの画像

チェックマーク【タウンライフのオススメポイント】
  • 厳格な審査を通過した優良業者が300社以上登録
  • 見積もり以外にも計画書をもらえる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も豊富で顧客満足度が高い
  • 戸建て、マンション、店舗、事務所まで対応
【タウンライフリフォームの概要】
タウンライフリフォームでは、約3分の入力を行うだけで複数のリフォーム業者から「アイデア&アドバイス」「費用・見積もり」「プランニング」の3つのプランを提案してもらえます。
単に価格だけで選択するだけではなく、完全オリジナルのリフォーム計画書を見て、気に入ったリフォーム業者を選択する事が出来ます。
参加している業者は厳格な審査を行い登録された業者なので、悪徳業者も参加していません。
完全無料にて手間をかける事なく、複数の業者と比較をする事が可能となっています。