この記事の所要時間: 249

マンションリフォームの注意点

マンションのリフォームを行う際には、気をつけなければならない事があります。
戸建てのリフォームをするよりも、制限が厳しく自由度が低くなります。

賃貸はもちろんリフォームを行う事は基本的には出来ませんが、いくら購入したマンションだからと言っても、勝手にリフォームを行う事は出来ません。
許可をもらったからと言っても、どこでも工事を行う事が出来るかと言われればそうでもありません。

今回はマンションリフォームの注意点について記載していきます。

まずは、マンションには専有部分と共用部分が存在しており、しっかりとリフォームが出来る部分というのを把握する必要があります。

専有部分

専有部分とは、自分が専用で使う部屋や設備の部分です。
少し分かりにくいかもしれませんが、壁や床、天井に囲まれた居住空間を専有部分と言います。

専有部分というのも非常に難しい場所もあります。
当然、部屋などは専有部分に当たるのですが、ベランダ・玄関扉・サッシに関しては、専有部分を勘違いされがちですが、共用部分となっています。
ただし、サッシの鍵やアミ戸、ガラス割れ、扉の鍵交換などは、自分で行わなければなりません。

専有部分であったとしても、マンションは構造上の影響や住んでいる人への迷惑なども考慮して、リフォームが出来ない事もありますので、十分に注意が必要です。

管理規約をしっかりと読んでおこう

マンションの管理規約に工事の方法や申請許可をもらう、工事に使う材用の指定などが定められている場合があります。
リフォーム業者に依頼をする場合には、ある程度は把握していますが、業者に任せきりになるのではなく、しっかりと自分でも把握しておくようにしてください。
リフォームを行う場合には、管理規約や契約書などをしっかりとチェックをしておく必要があります。

挨拶周りは非常に重要

いざマンションのリフォーム工事が可能となった場合には、工事を行う前に絶対に行わなければならない事があります。
それが挨拶周りです。
リフォーム工事では騒音、臭いなどと言ったトラブルになりやすいため、トラブルの可能性を少しでも下げるために、挨拶周りというのは非常に重要な項目となっています。

その際に、承認印ももらわなければなりません。
そのマンション全員なのか、上下左右の家なのか、管理規約などに記載がありますので、確認をしておくようにしましょう。
承認印をもらいに行く際には、挨拶文、粗品を持っていくと良いと思います。

業者選びは慎重に

DIYリフォームも流行っていますが、自己判断でリフォームを行うと、思わぬトラブルになる可能性があります。
マンションの場合には、しっかりと業者に依頼をして、的確なアドバイスをもらうようにしたい所です。

また、大きなトラブルを避けるためにも、マンションのリフォーム実績のある業者に依頼をしておきたい所です。
様々なトラブルになる要素なども把握していますので、的確なアドバイスをもらえます。
マンションの管理組合への申請などのサポートも業者側が行ってくれますので、安心して任せる事が出来ると思います。

業者によっても提案などは変わってきますので、複数の業者と比較をして、自分に合った業者を見つける事をオススメします。

【オリジナルの見積もり、プランを無料作成してもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、ダーウィンシステムが運営する「タウンライフリフォーム」です。

タウンライフリフォームの画像

チェックマーク【タウンライフのオススメポイント】
  • 厳格な審査を通過した優良業者が300社以上登録
  • 見積もり以外にも計画書をもらえる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も豊富で顧客満足度が高い
  • 戸建て、マンション、店舗、事務所まで対応
【タウンライフリフォームの概要】
タウンライフリフォームでは、約3分の入力を行うだけで複数のリフォーム業者から「アイデア&アドバイス」「費用・見積もり」「プランニング」の3つのプランを提案してもらえます。
単に価格だけで選択するだけではなく、完全オリジナルのリフォーム計画書を見て、気に入ったリフォーム業者を選択する事が出来ます。
参加している業者は厳格な審査を行い登録された業者なので、悪徳業者も参加していません。
完全無料にて手間をかける事なく、複数の業者と比較をする事が可能となっています。