この記事の所要時間: 235

階段リフォームの費用

階段と言えば、危険な場所という事もあって、手すりの設置、踏み板のすべり止めなどを行うリフォームが多いと言えます。
転落などの重大な事故にも繋がりますので、年寄り、小さな子供がいる場合には、早急にリフォームをしておきたい内容となっています。

階段リフォームの費用について記載しています。

階段リフォームの費用

手すりや踏み板への滑り止めであれば、10万円前後で行う事も可能となっています。
手すりの素材や長さによっても費用は変動しますが、階段リフォームでは簡単なリフォームを行う事が多く、50万円内で収まる事がほとんどです。
ただし、安く抑えようとし過ぎるのも危険なので、しっかりと安全性が確保される素材にするようにしておきましょう。

急勾配の階段をリフォームする場合には、設計から必要になりますので、高くなる可能性があります。
構造に関わる工事のため、100万円以上になる場合も考えられます。
その他、階段を別の場所に移動するなどと言った場合にも、高額な必要が必要です。

階段リフォームのポイント

階段リフォームのポイントとしては、費用が上がったとしても、安全性を重視するという事です。
多少上がると言っても、ほとんどの場合50万円以内に収める事が出来ます。
50万円前後で見ておけば問題ありません。

手すりの設置、すべり止めの付ける事の他、天井の照明の変更、明るい床材、カーペット・コルクなどの素材を選択するなど人気となっています。

階段下のデッドスペースの収納を作るリフォームも人気です。
収納スペースは50万円前後になっています。

DIYリフォーム

DIYにて階段リフォームを行おうとしている方もいるでしょう。
しかしながら、出来る事と出来ない事があるのは知っておくようにしてください。
知らないまま自分でリフォームを行うと、とんでもない事故になる可能性もあります。

DIYで出来る範囲と言えば、踏み板に滑り止めを付ける程度です。
その他、手すりの設置など、身体の危険に関わるような事は絶対にやめておいてください。

業者の選び方

階段リフォームを行う際には、業者によっても費用に差が出てきます。
リフォーム業界は、工事費、諸経費に差が出やすいため、業者を選択する際には注意が必要となります。

複数業者の見積書を比べる事で、価格はもちろん、自分に合った業者を選択する事が出来ます。
しかしながら、注意する事もあります。
単に価格が安いという事だけでは危険です。
階段リフォームというのは、身体の安全に関わるような工事になる事も多いため、しっかりと提案をしてくれるような業者でなければなりません。

打ち合わせの際に、分からない事があれば色々と聞く、丁寧に答えてくれる担当者でなければなりません。
見積書での価格も大切ですが、担当者の質というのは何よりも大切となります。

担当者の質などの部分も色々な業者と比較をして、自分に合った人を見つける事をオススメします。

【見積もり相場は今いくら?無料&匿名でスグ分かる!】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、セカイエが運営する「リノコ」です。

リノコの画像

チェックマーク【リノコのオススメポイント】
  • 厳格な審査を通過した優良業者が300社以上登録
  • 約10秒でリフォームの見積もり相場をチェック可能
  • 完全無料&匿名利用が出来る
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も豊富で顧客満足度が高い
【リノコの概要】
リノコでは、約10秒の入力を行うだけでリフォームの見積もり相場をチェックする事が出来ます。
完全無料で匿名利用が出来るため、しつこい営業電話の心配もありません。
また、厳格な審査を行い登録された業者(審査通過率9.8%)の紹介やリフォーム専門スタッフによる相談も無料なのでオススメです。
適正価格を知る事が出来るのと、手間を掛ける事なく複数の業者と比較をする事が出来るので試しておいて損はありません。