この記事の所要時間: 215

リフォームをする時期

 
住宅の良い状態を保ち続ける事を目的としたリフォームは、それぞれ行う時期があります。
リフォーム自体は基本的に利用者がタイミングを決めますが、メンテナンスが必要な時期が来たら一度検討してみる事が大切です。

では、そのリフォーム時期というのは一体いつなのでしょうか。
それは、リフォームを行う部分によって異なりますので、注意する必要があります。

10年以上で考えるリフォーム

新築や前回のリフォームから10年以上経過をすると、リフォームを考えなくてはいけません。
10年以上経過すると、ほとんどの場所でメンテナンスを考える必要があります。
 
特に外壁や屋根は考えなければなりません。
使われている塗料によっては、15年以上手を加えなくても問題ない製品もあります。
しかしながら、基本的には10年経過をしたら業者に診断してもらう事をオススメします。

建物診断自体は無料で行っている業者が多いため、気軽に問い合わせをしてみると良いでしょう。
また、複数の業者の話を聞く事で、本当に必要なリフォームなのか、費用は適正なのか、という部分を見る事が出来ます。

15年以上の経過で必要なリフォーム

新築・前回のリフォームから15年以上を経過すると、水まわりの事を考えなくてはなりません。
キッチンではユニットの取り替え、トイレは便器の交換、浴室はバスタブと言った項目が挙げられます。

水回りは配管のメンテナンス、フローリングも交換するタイミングとなります。
通常は15年も経つとフローリングは傷だらけで剥がれも起き、ワックスをかけても無意味となる為、交換をした方が綺麗な状態を持続出来ます。

20年以上の経過で必要なリフォーム

瓦ぶきやストレート、サイディングといったものは材質関係なく20年が経過するとリフォームをしなければなりません。
現在リフォームで使用されている瓦やストレート、サイディングは性質が良く耐久性も優れていますが、雨漏れで住宅自体の耐久性を低下する可能性も高いので注意が必要です。
トラブルが起こってからの修復には余分な費用がかかる事がほとんどで、そうなる前に瓦のふき替えやストレートの張り替えなどを行った方が、金銭的な負担を減らす事が出来て住宅を守る事が出来ます。

まとめ

リフォームを行う時期を考える際には、10年、15年、20年を目安にしましょう。
それぞれのリフォーム時期が来た場合は、業者に点検をしてもらい、必要であればしっかりとリフォームを行う事が大切となります。
しっかりとメンテナンスをする事が、長い目で見た時に節約に繋がります。

【オリジナルの見積もり、プランを無料作成してもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、ダーウィンシステムが運営する「タウンライフリフォーム」です。

タウンライフリフォームの画像

チェックマーク【タウンライフのオススメポイント】
  • 厳格な審査を通過した優良業者が300社以上登録
  • 見積もり以外にも計画書をもらえる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も豊富で顧客満足度が高い
  • 戸建て、マンション、店舗、事務所まで対応
【タウンライフリフォームの概要】
タウンライフリフォームでは、約3分の入力を行うだけで複数のリフォーム業者から「アイデア&アドバイス」「費用・見積もり」「プランニング」の3つのプランを提案してもらえます。
単に価格だけで選択するだけではなく、完全オリジナルのリフォーム計画書を見て、気に入ったリフォーム業者を選択する事が出来ます。
参加している業者は厳格な審査を行い登録された業者なので、悪徳業者も参加していません。
完全無料にて手間をかける事なく、複数の業者と比較をする事が可能となっています。