この記事の所要時間: 458

画像の説明

初めてリフォームを行う際には、どうしたら良いのか迷う方もいると思います。
高額な契約になるため、慎重になる必要もあるため、慎重になり過ぎてなかなか行動に出来ないという方もいるかもしれません。
今回は、初めてのリフォームで初心者がまず始めに行う3つの事について記載していきたいと思います。

1.リフォームの目的を決めよう

まず始めにリフォームの目的を考える必要があります。
例えば、「古くなって来たから」「故障したから」と言ったメンテナンスに関するリフォーム、子供の成長などのライフスタイルの変化による増改築などのリフォーム、二世帯住宅などによるバリアフリーなどのリフォームなどがあります。
まずは、自分が何のためにリフォームをするのか?という部分を家族と話し合いをすると良いでしょう。

リフォームの多くは、リフォーム業者に依頼して進めます。
リフォーム業者と言っても下記のような種類があります。

・リフォームのみを手掛ける専門業者が行う
・工務店が行う
・塗装業者が行う

リフォームを目的によって依頼する業者が変わります。
まずは業者の事を探すよりも、目的を事前に明確にしなければ始まりません。

それぞれのリフォーム業者によって計画も異なり、打ち合わせ内容も違ってきます。
打ち合わせ内容で、自分の目的がハッキリしている事で、スムーズに進みます。
まずはリフォームしたいかをよく考えておきましょう。

3.予算の事を考える

リフォームの目的が明確になった時点で、どの位の予算でリフォームを行うのか、という部分を考えなくてはなりません。
基本的な考えとしては、下記のような計算式になります。

満足出来るリフォーム予算=お客様の要望+商品の価格+お住まいの住宅状況

※参照URLはコチラ
http://www.k-takasima.jp/reform/first.html

予算によっても行うことが出来るリフォームの内容も異なっています。
その当たりは依頼するリフォーム業者との話し合いにもなると思います。

しかしながら、注意したい事は余裕を持った資金計画をするという事です。
稀にギリギリの予算を組んで、後々の生活が苦しくなる、ローンの支払いが厳しいと言ったトラブルもありますので、注意してください。

リフォームローンの利用を検討する事もあると思いますが、金利によっても大きな費用が変わってきます。
業者によってリフォームローンの取扱いも異なりますので、注意が必要となります。
資金計画を含めた提案というのをしらもらうと良いでしょう。

3.リフォーム業者を選定する

目的が明確になると、リフォーム専門業者、工務店、塗装屋など、どの業者に依頼するのか、というのが決まってきます。
この業者選びを失敗すると、最悪の結果になりますので、十分に注意する必要があります。

住んでいる地域にある業者の他、インターネット検索で探すのも非常に効率的です。
業者探しの際は、目的のリフォームを得意としている業者に依頼する事が大切な事となっています。

見積もり

ある程度の業者を絞った後は、見積もりを依頼します。
見積もりはリフォーム費用を決める作業の他、その業者が信頼できるかを見極める場となります。

見積もり依頼をすると、現地調査、依頼主への要望のヒアリングを行い、見積書を作成します。
見積書は、費用以外にも内容や資材について明確に記載してあります。
その見積書に「一式」としか記載されておらず、詳細が明確でない場合は信用できないと言えるでしょう。

とにかく分からない事があれば、説明を求めてください。
ここで丁寧に答えてくれる担当者は質の良い担当者と言えると思います。

契約

リフォームの見積書は依頼したリフォーム業者がどのような業者なのかを表す大切な物です。
面倒かもしれませんが、隅々までしっかりと目を通し理解しておくことが大切です。

見積書に記載されている内容に納得すると、契約をする事となります。
その契約書の確認も非常に重要となっています。

リフォームは高い買い物で、工事を行ったら終わりというものでもありません。
必ず、その後のメンテナンスが必要となります。

よくある業者とのトラブル

よくあるトラブルとしては、価格によるトラブルに他にも、リフォームを行った後に放置をされるというものがあります。
保証内容をしっかりと確認していなかったために、故障したのに修理をしてもらえないといった事態が発生します。

保証内容はどうなっているのか、保証期間はどの位なのか、工事内容によっても異なりますので、契約書にて必ず確認をしておく必要があります。
ここは非常に重要な項目なので、分からない事は担当者にしっかりと聞いておくようにしましょう。

また、訪問販売によるリフォーム契約もトラブルの原因となります。
当日に契約を迫ってくるような業者とは絶対に契約をしないようにしてください。
本日契約限定の大幅な割引などと言った営業をしてくる場合がありますが、他の業者の見積書としっかりと比べる必要があります。

訪問販売などの無理矢理な契約の場合には、クーリングオフの適用も可能となっています。
クーリングオフは契約をしてから8日以内という期間付きなので、検討している方は早めに進めるようにしましょう。

まとめ

リフォーム業者選びはリフォームの大半を決める事なるので、納得、信頼出来る業者と巡り合うまでは時間を掛けて探しましょう。
また、業者を選ぶ際は、色々な業者に見積もりを依頼し比較する事も大切と言えます。
単に価格が安いというだけではなく、しっかりとサービス内容、保証内容を見て、多少高くてもサービス・保証が充実している所に依頼をしたい所です。

【オリジナルの見積もり、プランを無料作成してもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、ダーウィンシステムが運営する「タウンライフリフォーム」です。

タウンライフリフォームの画像

チェックマーク【タウンライフのオススメポイント】
  • 厳格な審査を通過した優良業者が300社以上登録
  • 見積もり以外にも計画書をもらえる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も豊富で顧客満足度が高い
  • 戸建て、マンション、店舗、事務所まで対応
【タウンライフリフォームの概要】
タウンライフリフォームでは、約3分の入力を行うだけで複数のリフォーム業者から「アイデア&アドバイス」「費用・見積もり」「プランニング」の3つのプランを提案してもらえます。
単に価格だけで選択するだけではなく、完全オリジナルのリフォーム計画書を見て、気に入ったリフォーム業者を選択する事が出来ます。
参加している業者は厳格な審査を行い登録された業者なので、悪徳業者も参加していません。
完全無料にて手間をかける事なく、複数の業者と比較をする事が可能となっています。