この記事の所要時間: 157

リフォームの減税

リフォームには様々な種類がありますが、数十万円から数百万円と高額な費用を必要とします。
無理のないリフォームを行うためにも、資金計画というのは非常に需要な項目となるわけです。
リフォームローンや住宅ローンを使うにしても、自己資金や金利の事を考えなくてはなりません。

決して安くはないリフォームですが、税金面で優遇されます。
それがリフォームの減税です。

所得税、固定資産税の減税

ローンを組まずに完全に自己資金で行った場合でも所得税の控除、固定資産税の減税を受ける事が出来ます。
該当のリフォームは「耐震」「バリアフリー」「省エネ」で、一定の要項を満たす必要があります。
ただし、減税の所は所得税控除は平成29年12月末日までの期限付きとなっています(※延長される可能性もあります)。

一定の期間以上住んでいるという条件もありますので、注意が必要です。
また、リフォームを行っただけではなく、工事の翌年の3月15日までに確定申告をしなければなりません。

いくら控除される?

所得税

リフォームに掛かった費用の10%が対象となります。
ただし、250万円を上限としており、控除期間は1年間です。

ローンを組んだ場合、その年末を基準としてローン残高の1%から2%が控除されます。
ローンの場合には、1,000万円が上限で、控除期間は5年間となっています。

固定資産税

土地の広さの100㎡から120 ㎡に相当する部分に対して、33%から50%の減税となってます(賃貸住宅として使っている場合には不可)。
減税期間は1年間となっています。

まとめ

「耐震」「バリアフリー」「省エネ」の場合に、確実に現前になるかと言われれば、そうでもありません。
そのため、必ず事前の確認が必要となります。

「耐震」「バリアフリー」「省エネ」のリフォーム実績がある業者であれば、ある程度のアドバイスをしてもらえます。
打ち合わせをする際には、色々と聞いておくと良いでしょう。

丁寧な担当者に対応してもらうためにも、業者選びを慎重に行うようにしてください。
担当者の対応が良いのは、良いリフォームに繋がります。
色々な業者を比較しながら、検討するようにしてください。

【オリジナルの見積もり、プランを無料作成してもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、ダーウィンシステムが運営する「タウンライフリフォーム」です。

タウンライフリフォームの画像

チェックマーク【タウンライフのオススメポイント】
  • 厳格な審査を通過した優良業者が300社以上登録
  • 見積もり以外にも計画書をもらえる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も豊富で顧客満足度が高い
  • 戸建て、マンション、店舗、事務所まで対応
【タウンライフリフォームの概要】
タウンライフリフォームでは、約3分の入力を行うだけで複数のリフォーム業者から「アイデア&アドバイス」「費用・見積もり」「プランニング」の3つのプランを提案してもらえます。
単に価格だけで選択するだけではなく、完全オリジナルのリフォーム計画書を見て、気に入ったリフォーム業者を選択する事が出来ます。
参加している業者は厳格な審査を行い登録された業者なので、悪徳業者も参加していません。
完全無料にて手間をかける事なく、複数の業者と比較をする事が可能となっています。