この記事の所要時間: 214

家庭用エレベーターのリフォーム

足腰が悪いという場合には、家庭用エレベーターを設置したいと思う人も少なくないと思います。
バリアフリーを考えた時にも、家庭用エレベーターを検討している人はいるのではないでしょうか。

エレベーターを導入するとなった場合には、様々な規制があります。
今回は、家庭用エレベーターをリフォームで導入するというテーマでお話していきます。
リフォームを検討している方は、当ページを参考にしてください。

家庭用エレベーターを導入したい

家庭用エレベーターを導入したいという場合には、所轄の行政庁へ昇降機確認申請書を提出する必要があります。
所轄の行政庁に設置可否の確認が必要で、地域によっては設置が出来ないという可能も考えられます。
また、家の構造上の問題で設置が出来ないという場合もありますので、必ず専門のリフォーム業者の現地調査が必要になります。
現地調査を行う際には、建築平面図や建築断面図、矩計図などの建築図を用意しておきましょう。

新築時にエレベーターを設置するよりも、設置費用は高くなります。
詳細はリフォーム業者に見積もり依頼をする必要があります。
見積もり依頼や相談は無料で行っている所ばかりなので、一度相談してみる事をオススメします。

工期は?

家庭用エレベーターの工期ですが、1ヶ月前後が必要となります。
詳細の流れなどは、打ち合わせの時に確認をしておくようにしましょう。
設置後の保証の事などもしっかりと確認をしておくようにしてください。

エレベーターの種類

エレベーターには、ロープ式と油圧式の2種類があります。
ロープ式はワイヤーロープで吊り上げなどを行う方法で、油圧式は電動ポンプで商工させる方法となっています。
それぞれに特徴、メリット、デメリットがありますので、自分の家に合わせた選択をしなければなりません。

ロープ式は、省エネ・低騒音・無臭というのがメリットで、油圧式は動きが快適で乗り心地が良いというのがメリットとして挙げられます。

エレベーターの費用は?

エレベーターの種類などによっても異なりますが、300万円前後で行う事も可能です。
この価格も業者などによってもバラツキがあるため、色々な業者に見積もり依頼して比べる事をオススメします。
その際に、一括見積もりサイトを利用すると簡単に比べる事が出来ます。

また、設置後は年に1回の法定点検を行わなければなりませんので、メンテナンス費用がかかるという事も念頭に置いておかなければなりません。
その他、電気代などの事も考えておくようにしましょう。

【見積もり相場は今いくら?無料&匿名でスグ分かる!】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、セカイエが運営する「リノコ」です。

リノコの画像

チェックマーク【リノコのオススメポイント】
  • 厳格な審査を通過した優良業者が300社以上登録
  • 約10秒でリフォームの見積もり相場をチェック可能
  • 完全無料&匿名利用が出来る
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も豊富で顧客満足度が高い
【リノコの概要】
リノコでは、約10秒の入力を行うだけでリフォームの見積もり相場をチェックする事が出来ます。
完全無料で匿名利用が出来るため、しつこい営業電話の心配もありません。
また、厳格な審査を行い登録された業者(審査通過率9.8%)の紹介やリフォーム専門スタッフによる相談も無料なのでオススメです。
適正価格を知る事が出来るのと、手間を掛ける事なく複数の業者と比較をする事が出来るので試しておいて損はありません。