この記事の所要時間: 322

エクステリアのリフォーム費用

エクステリアというのは、住宅の外回りの空間の事を言います。
エクステリアは外構とも呼ばれており、外構と言ったら分かる人も多いと思います。

第三者から家を見た時に外観を良くする事が出来るというメリットの他、利便性の向上、防犯対策にも繋がります。
フェンスなどを家の周りに囲う事で防犯面でも対策を取る事が出来るというわけです。

エクステリアと言っても、幅広い内容のリフォーム工事があります。
片開き門扉やカーポートの設置、フェンスの設置、アプローチの整備などが挙げられます。

それぞれの家の面積や工事内奥によっても異なりますが、おおよその費用が気になるというのは間違いないと思います。
今回は、エクステリアのリフォーム費用に焦点を当てて掲載していきます。

エクステリアのリフォーム費用

工事内容にもよりますが、エクステリアのリフォーム工事を依頼する人は、ほとんどの方が100万円以内に収まっています。
50万円未満と比較的安価に抑える事が出来る工事もありますが、外回りのリフォームになるため、50万円から100万円の費用になる事が多いと言えます。

カーポートや・サンルームの設置は50万円以内、フェンスで囲う事は50万円から100万円程度となっています。
ここに解体が伴う工事の場合には、150万円になったりするため注意が必要です。

また、製品の質によっても価格が異なるため、詳細は見積もり依頼をする必要があります。
相談や見積もり依頼はどこの業者も無料にて行っていますので、気軽に問い合わせをしてみると良いでしょう。
その際には、3社から6社の会社と比べる事で、より自分に合った業者を見つける事が出来ます。

エクステリアリフォームのポイントは?

エクステリアは外観を大きく変えるため、気持ちをリフレッシュするという意味でも非常に効果的です。
エクステリアにて外観を変更する際には、ガーデニングも合わせて依頼する事で、より効果が発揮出来ます。

エクステリアのリフォーム設計に合わせたガーデニングをプランニングしてもらう事で、効果的になるというわけです。
また、ガーデニングを一緒に依頼する事で、割安になる可能性もあります。
見積もり依頼自体は無料なので、そちらも合わせて相談をしてみると良いでしょう。

どこの業者に依頼すれば良いの?

ハウスメーカーから購入した場合には、ハウスメーカーに依頼する事が出来ます。
その他、エクステリア・外構専門業者も存在しますので、そういった業者に依頼するのも良いでしょう。

ハウスメーカーに依頼する場合には、家を建ててくれたわけですから、自分の家の事を把握してくれています。
そのため、打ち合わせも非常に楽に行う事が可能です。
しかしながら、実際に工事を行うのは下請け業者となりますので、費用が割高になる可能性があります。

専門業者を活用した場合には、費用がハウスメーカーに比べて安く抑える事が出来ます。
しかしながら、打ち合わせなどはスムーズとは言えません。
ただし、実績があるような業者であれば、様々な施主との工事をこなして来た経験があります。
的確なアドバイスをもらえますので、相談をしてみると参考になると思います。

保証は必須項目

どちらに依頼するにしても共通する事があります。
それが保証です。

長年使い続けるものですし、外にある物ですから耐久性の低下も激しいと言えます。
そのため、定期的なメンテナンスというのが必要になります。
いくら実績のある業者だからと言って、半永久の製品というのはありません。

何かあった場合の保証というのは充実している業者に依頼しなければなりません。
単に価格が安いからと言って業者を選択すると最悪の事態になる可能性があります。

価格が安いに越した事はありませんが、サービス、担当者の質、保証内容など総合的に判断をして業者を選択するようにしてください。

【見積もり相場は今いくら?無料&匿名でスグ分かる!】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、セカイエが運営する「リノコ」です。

リノコの画像

チェックマーク【リノコのオススメポイント】
  • 厳格な審査を通過した優良業者が300社以上登録
  • 約10秒でリフォームの見積もり相場をチェック可能
  • 完全無料&匿名利用が出来る
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も豊富で顧客満足度が高い
【リノコの概要】
リノコでは、約10秒の入力を行うだけでリフォームの見積もり相場をチェックする事が出来ます。
完全無料で匿名利用が出来るため、しつこい営業電話の心配もありません。
また、厳格な審査を行い登録された業者(審査通過率9.8%)の紹介やリフォーム専門スタッフによる相談も無料なのでオススメです。
適正価格を知る事が出来るのと、手間を掛ける事なく複数の業者と比較をする事が出来るので試しておいて損はありません。