この記事の所要時間: 330

リフォームの挨拶

リフォームを行うためには、専門業者にお願いをして行うわけですが、音や匂いと言ったトラブルになる事もあります。
実際にそういった事例でトラブルになった事もあるので、十分に注意が必要です。
近隣の人とのトラブルはその場だけではなく、今後の生活にも影響が出てきますので、トラブルの防止対策というのは行っておきましょう。

どんなトラブルがある?

まずどんなトラブルがあるのか、実例を基に見て行きたいと思います。

一番多いのは、音に対するトラブルとなっています。
大規模なリフォーム工事になればなるほど音が大きくなります。
工事の音だけではなく、作業員の声などもありますよね。

また、作業中の匂い、作業員の出入り、車の駐車も迷惑になります。

音や匂いというのは、リフォームを行う以上は避けては通れない事なので、いかに防止対策を行うのかというのは重要です。

リフォーム前の挨拶でトラブル防止

リフォーム前には必ず近隣に挨拶まわりを行うようにしましょう。
ほとんどの業者にて業者側が挨拶を代理して行ってくれるのですが、両隣向こう三軒、向かい側、裏の家、仲の良い所などは自分でも行っておくようにしたい所です。

挨拶をするだけでトラブルを防止する事が出来るのかと思う方もいるかもしれません。
しかしながら、日本の文化では挨拶というのは非常に重きを置いています。
挨拶をするだけでも気持ち的に許せるというのが、日本人の良い所でもあります。

大きいリフォームだから挨拶が必要、小さいリフォームだから挨拶はいらないと言った事もなく、大小関わらず必ず行っておくようにしてください。

また、最近では近所付き合いがなくなってきている傾向があります。
マンションの場合でも隣りに誰が住んでいるなど分からない事は当たり前となっています。
その中でも、マナーを守るという意味でも必ず行っておくようにしてください。

何を伝えれば良い?

挨拶を行う際には、下記のような事を伝えると良いでしょう。

・リフォーム内容
・工期
・時間、曜日
・リフォーム業者の名前、住所、連絡先

上記の事項は、最低限でも伝えたい事となっています。
口頭で言うだけではなく、挨拶文と共に文章として渡しておくのが最善となります。
「言った・言わない」のトラブルが一番厄介で、解決も長引きますので、十分に注意したい所となっています。

手みやげは必要?

気持ち程度の物で問題ありません。
あまり高級な品物を渡したとしても迷惑になるだけです。

菓子折り、タオル、洗剤など日常で使えそうな物をチョイスすると良いでしょう。
金額は1,000円前後の物で問題ありません。

どの位前に挨拶は済ませた方が良い?

リフォームの挨拶は工事が始まる1週間前までに完了しておくようにしてください。
また、平日に関しては仕事でいない人も多いため、土日の午前中に行うのが一番迷惑が掛からないと思います。
もしも留守の場合には、ポスト投函にて挨拶文を入れておくようにしましょう。

挨拶文は何を書けば良い?

近隣に挨拶をする時に必要な挨拶文ですが、下記の項目は必ず掲載をしておくようにしてください。

・協力のお願い
・工事内容
・場所
・工事対象の家の所有者の名前
・期間、時間、曜日、休日
・業者の名前、住所、担当者名、連絡先

上記の内容を記載しておくようにしてください。

参照URL:
http://kaitai-takumi.com/qa/1850/

挨拶文

まとめ

挨拶を行ったからと言って安心というわけではありません。
挨拶は当たり前の行為であり、リフォームの時にどれだけ配慮出来るかという事が重要となります。

リフォーム中のクレーム対応、リフォーム後の整理整頓などは必須です。
挨拶をしたからと言って、片付けなどマナー部分が出来ていない部分があれば、トラブルになる事は間違いありません。
業者へのクレームもありますが、即座に現場監督に報告をして改善させるようにしてください。

【オリジナルの見積もり、プランを無料作成してもらえる】

当サイトで一番オススメしている一括見積りサイトは、ダーウィンシステムが運営する「タウンライフリフォーム」です。

タウンライフリフォームの画像

チェックマーク【タウンライフのオススメポイント】
  • 厳格な審査を通過した優良業者が300社以上登録
  • 見積もり以外にも計画書をもらえる
  • 百万円単位で安くなる事もある
  • 利用実績も豊富で顧客満足度が高い
  • 戸建て、マンション、店舗、事務所まで対応
【タウンライフリフォームの概要】
タウンライフリフォームでは、約3分の入力を行うだけで複数のリフォーム業者から「アイデア&アドバイス」「費用・見積もり」「プランニング」の3つのプランを提案してもらえます。
単に価格だけで選択するだけではなく、完全オリジナルのリフォーム計画書を見て、気に入ったリフォーム業者を選択する事が出来ます。
参加している業者は厳格な審査を行い登録された業者なので、悪徳業者も参加していません。
完全無料にて手間をかける事なく、複数の業者と比較をする事が可能となっています。